niku Q channel[ニクキューチャンネル]

open

【アニメ】「耳をすませば」バロンの猫種って何だろう

mofmof1gou

ジブリ映画「耳をすませば」に登場する、猫の置物「バロン」をご存知ですか?

本名は「フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵」というそうで、バロンは英語で男爵という意味です。

元々、「ルイーゼ」と名のついた、同じく猫の貴婦人とペアの置物でしたが、戦争が原因でルイーゼは行方不明になってしまいました。

バロンの瞳はキラキラと光が乱反射する不思議な石でできており、「耳をすませば」の主人公である「雫」はそれに魅了されてしまいます。

それがきっかけで、雫はバロンを自身が書く小説に登場させますが、その作品が映画「猫の恩返し」の元であるとされています。

小説の中と「猫の恩返し」では動いてお話しもします。

声優さんは「露口 茂(つゆぐち しげる)」さんです。

そんなバロンを実際の猫種で例えると、どんな猫になるでしょうか?

バロンの特徴

まずはなんといっても瞳が特徴的ですね。

映画では光が乱反射し、一つの色に限定できないかもしれませんが、緑系の瞳をしているのかなと思います。

また、全体的に短毛で、耳が大き目毛色は黄~赤系です。

体は人間の形に似ているので明確には不明ですが、ある程度筋肉質で引き締まった体形に見えます。

猫種に当てはめると

アビシニアン」が一番近いのではないでしょうか。

大きめの耳や目、凛々しい顔立ち、毛色や骨格すべてがバロンに近いと思います。

アビシニアンはお顔は凛々しいですが、優しくスキンシップ好きで甘えん坊さんが多い猫種です。

バロンとは性格は違うかもしれませんが、とても可愛い猫ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mw_canon(@moo0940)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

k._2816(@k._2816)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ma-(@smknrm_)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoko Shiraishi(@katzemonga2020)がシェアした投稿

 

コメントは受け付けていません。

よく読まれている関連記事